小児皮膚科について

小児皮膚科

小児皮膚科では、お子様特有の皮膚疾患を中心に診察・治療を行います。具体的には、乳児湿疹、小児アトピー性皮膚炎、あせも、乾燥性湿疹、とびひ、おむつかぶれ、乳児脂漏性湿疹、手足のいぼ、水いぼ、手足口病などです。

お子様の皮膚は、成人と比較しても角層が薄く、また皮脂の分泌量が不安定なことから「バリア機能」がまだ安定していません。そのため、ちょっとしたことで湿疹・皮膚炎が生じたり、細菌やウイルスに感染したりするなど、皮膚トラブルが生じやすい特徴をもっています。

また、小さなお子様は、自分の症状をうまく言葉で伝えられないことがよくあり、気づいた時には、ひどくになっていることも少なくありません。そのため、保護者をはじめとする周囲の方々が、お子様の皮膚の変化に気づくようなことがあれば、速やかにご相談ください。

子どもの皮膚の特徴

【1】新生児期(生後~4週間まで)
皮脂の分泌にかかわる内分泌の機能は未熟ながらも、母体から授かった物質の作用によって一時的に皮脂の分泌量が増えます。
【2】乳児期(生後4週間~1年まで)
生後2~3ヶ月を過ぎた頃から、皮脂の分泌量は減少してきます。
【3】幼児期(生後1年~6年まで)
皮脂の分泌量が生涯でも一番少なくなる時期にあたり、乾燥しがちです。
【4】学童期(生後6年~12年まで)
思春期の変化が始まるとともに、皮脂の分泌も活発になってきます。

子どもの皮膚は角層が薄く、また皮脂の分泌量が不安定なことから「バリア機能」がまだ安定しておらず、ちょっとしたことで湿疹・皮膚炎が生じたり、細菌やウイルスに感染したりするなど、皮膚トラブルが生じやすい特徴をもっています。

小児皮膚科の
代表的な疾患

小児性アトピー性皮膚炎、乳児湿疹、じんましん、あせも、とびひ、よだれかぶれ、おむつかぶれ、手足口病、りんご病 など

乳児湿疹

乳児期はまだ肌が未熟であるため、肌の表面に角質層のバリアを作ることが難しく、発汗や乾燥などのちょっとした外部の刺激でも敏感に反応して湿疹になることがあります。また最近では遺伝的に肌のバリアの弱いお子さんが一部にいることも分かってきています。こういったお子さんも含めて適切なスキンケアを行うことで小児アトピー性皮膚炎への移行を防ぐことができることが知られています。

乳児期は皮脂腺が多いとされ、頭や額、擦れる部分を中心に黄色いフケやカサカサの紅斑が見られることがあり乳児脂漏性湿疹と呼ばれています。主な原因は、皮脂を分泌する脂腺という器官が活発に活動することから、皮脂による刺激や、ヒトの毛包脂腺系に常在するマラセチアという真菌(カビ)が関与しているのではないかと考えられています。

おむつかぶれ

おむつが当たる肌の部分に赤い炎症やただれなどが生じている状態をおむつかぶれと言います。これは、おむつの中で尿や便を排泄することで、それらに含まれるアンモニアや酵素などに皮膚が刺激されたことによるものです。なお皮膚のしわの間に炎症が見られるようであれば、カンジダ皮膚炎の疑いもあります。

あせも

汗を掻きやすい夏によく発症する皮膚疾患があせも(汗疹)です。多量の汗を掻いた後、皮膚に細かい水ぶくれやブツブツが現れます。とくに乳幼児は、皮膚のバリア機能が未発達で汗腺が密集していることから詰まりやすくなっています。そのため、小児に発症しやすい疾患としても知られています。あせもは、赤い丘疹が生じて痒みや軽い痛みを伴うタイプ、小さな白っぽい水ぶくれができるタイプなどがあります。
また、あせもをこじらせた状態でブドウ球菌に感染すると膿をもった赤いおできができます。これがあせものより(乳児多発性汗腺膿瘍)です。症状としては、リンパ節の腫れ、痛み、発熱などが現れます。これも夏の時期の乳幼児に発症し、頭部や顔、首、背中、お尻などにみられます。

小児アトピー性皮膚炎

よくなったり悪くなったりを長期にわたり繰り返す湿疹です。顔や首、肘やひざ裏など湿疹がでやすい部位に特徴があります。また湿疹を繰り返しているうちに皮膚が厚く(苔癬化)なってきます。患者さんの多くにご両親やご本人にアトピー素因(喘息や花粉症などアレルギー疾患の既往)があることや近年では皮膚の表面のバリア機能が遺伝的に弱いお子さんが一定数いることも発病に関わっていることが分かってきています。適切な治療とスキンケアを適宜行うことで多くは成人アトピー性皮膚炎への移行を防ぐことができます。

水いぼ
(伝染性軟属腫)

水いぼは皮膚の小さな傷などから伝染性軟属腫ウイルスが感染することによって発症する皮膚の感染症の一つです。皮膚のバリアが未熟な7歳以下の小児に発症しやすく大人ではまれです。発症するいぼは2~5mmほどの大きさで透明~白色で光沢があります。いぼの多くは半年~2年ほどで自然治癒しますが、数が多い場合や整容面で治療を行うこともあります。

手足のいぼ
(尋常性疣贅)

尋常性疣贅は皮膚にヒトパピローマウイルスが感染してできるいぼで子供の手指や足底に生じることが多く見られます。足底ではよくたこ(胼胝)と間違えられますが、尋常性疣贅では中央に血管があるためよく見れば中央に黒い点々があるのが特徴です。自然治癒することもありますが、一般的に難治であるため冷凍凍結療法などで治療を行います。

とびひ

細菌感染によって発症する皮膚疾患で人から人へとうつります。湿疹や虫刺されの患部などを掻き壊した部位から手などを介して、水ぶくれが瞬く間に全身へと広がっていきます。その広がり方が、まるで火の粉が飛び火する様に似ていることから、一般的には「とびひ」と呼ばれているのです。

紫外線治療器
VTRAC(ヴィトラック)

紫外線治療器VTRAC(ヴィトラック) 「紫外線治療器VTRAC(ヴィトラック)のご紹介はこちら」
皮フ科 河野クリニック
名称
皮フ科 河野クリニック
TEL
0977-85-8687
FAX
0977-85-8685
住所
  • 〒874-0838
  • 大分県別府市荘園1-1
  • 九州大学別府病院(旧九大温研)正門前
診療科目
皮膚科、小児皮膚科、美容皮膚科
院長
河野 秀郎
アクセス
  • 荘園町バス停から徒歩1
  • 別府駅から車で8分
  • 駐車場15台完備
診療時間 日・祝
9:00~12:00
15:00~18:00

休診日:水曜、日曜・祝日

0977-85-8687
このページの上へ
© 皮フ科 河野クリニック