シミ・そばかす

シミとはメラニン色素が肌に沈着してできる、薄茶色から濃褐色の斑点のことです。シミの原因は紫外線や老化、ホルモンバランスの乱れ、遺伝的要素など様々で、原因や症状によって下記のような種類に分けることができます。

  • 日光性色素斑
  • 真皮メラノサイトーシス(ADM)
  • 肝斑
  • 雀卵斑(そばかす)
  • 脂漏性角化症
  • 炎症後色素沈着

シミは、実は種類ごとに治療法が異なる上に、同じ人に複数の種類のしみが混在するケースもあるのです。
そのため、治療するにあたって最初にすべきことは、しみの種類をきちんと特定することです。この特定ができたら、治療に入ります。

  • 日光性色素班
    日光性色素班
  • 真皮メラノサイトーシス
    真皮メラノサイトーシス
  • 雀卵斑
    雀卵斑

シミ・そばかすの
外用薬の塗布

ハイドロキノン軟膏

ハイドロキノンは、しみの原因であるメラニン色素の産生を抑えるとともに、メラニン色素をつくる細胞(メラノサイト)自体を減少させるので、しみの治療に高い効果を発揮します。

トレチノイン軟膏

コラーゲンを産生して皮膚のターンオーバー(新陳代謝)を促し、メラニンを排出してお肌にハリや弾力、潤いを蘇らせる効果があります。
いずれも経過観察した上で、しみの状態に合わせた薬の量や塗布回数が決められますので、医師の指示をきちんと守って使いましょう。

シミ・そばかすの治療方法

ケミカルピーリングはこちら ピコトーニングはこちら ピコレーザーはこちら

シワ

加齢に伴って皮膚の奥にある真皮に含まれるコラーゲンとエラスチンが減ったり、薄くなったりすることで、皮膚が落ちやすくなりシワが現れます。また筋肉や骨の量が減ることもシワが目立つ原因となります。

シワの種類

小じわ

肌が乾燥した部分(目元や目尻など)に現れる細かいシワのことです。

表情じわ

表情の変化により現れるシワが、表情を変えた後も残るシワです。

くすみ

くすみにはいくつものタイプがあり、タイプに応じて治療法が変わってきます。
下記のような治療法のなかから、くすみのタイプや性状に応じて、いずれかの方法を選択し、治療を行います。

  • ケミカルピーリング
  • ピコトーニング など

1人1人にあった方法でお肌の悩みを改善していきます。

ほくろ

ほくろは正式には色素性母斑と言い、皮膚の一部にメラノサイトという色素を作る細胞が集まってできたものです。
当院ではほくろ治療に炭酸ガスレーザーに加えてピコレーザーを併用して除去します。ピコレーザーを併用することでほくろの黒い色素の部分を選択的に除去することができ周囲の正常組織の熱損傷を極力抑えて傷を最小限にできます(大きさや深さによっては手術での切除になりますので一度受診されてください)。

毛穴の開き

過剰な皮脂分泌や汚れの洗い残し、肌の老化などにより毛穴は開きます。
毛穴の開きについては患者様の症状によって原因や治療法が異なりますので、皮膚科で適切な治療を受けてください。

毛穴の開きの種類

黒ずみ毛穴

毛穴に詰まった角栓がメラニン色素を含んで黒く見えます。

角栓毛穴

過剰な皮脂分泌が起こることで毛穴が皮脂や古い角質細胞で詰まります。

たるみ毛穴

加齢によるものでコラーゲンのある真皮の弾力が失われたり皮膚が萎縮し毛穴の落ち込みが目立ちます。

産毛毛穴

産毛が太く黒かったり、毛穴1つに数本が詰まっているため毛穴が広く見えます。
当院で適切な治療を行いますので、ご相談ください。

皮膚の老化

年齢とともに皮膚は老化していきます。
シミ、そばかす、しわ、たるみ、色素沈着や水分量が減りハリ、ツヤがなくなり老けて見られることもあります。肌機能そのものの低下も肌老化の現象です。
皮膚(肌)が老化を予防、改善したい場合は当院にご相談ください。

皮膚の老化の治療

  • ターンオーバーの正常化
  • 真皮の線維芽細胞の活性化
  • 血管系の老化防止

皮膚(肌)の老化予防や改善には上記3点が重要です。
患者様1人ひとりにあった施術でお悩みを解決していきます。

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングとは、皮膚の表面に酸性の薬剤を塗布して、古くなった角質や毛穴に詰まっている老廃物などを溶かして除去する治療法で、お肌のターンオーバー(28日ごとの皮膚の新陳代謝サイクル)を正常にします。古い角質が蓄積されたことによるくすみに有効です。
薬剤で古い角質をはがすケミカルピーリングでターンオーバーを整えると、肌の弾力を保つヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなどが生成されやすくなり、くすみの原因である真皮の劣化が修復されお肌が若返ることによりくすみが改善します。

ピコトーニング

ピコ秒パルス幅レーザーエンライトンの波長1064nm、750psecを用いて顔全体に照射します。お肌のくすみや張りの改善、毛穴の引き締め効果があります。

皮フ科 河野クリニック
名称
皮フ科 河野クリニック
TEL
0977-85-8687
FAX
0977-85-8685
住所
  • 〒874-0838
  • 大分県別府市荘園1-1
  • 九州大学別府病院(旧九大温研)正門前
診療科目
皮膚科、小児皮膚科、美容皮膚科
院長
河野 秀郎
アクセス
  • 荘園町バス停から徒歩1
  • 別府駅から車で8分
  • 駐車場15台完備
診療時間 日・祝
9:00~12:00
15:00~18:00

休診日:水曜、日曜・祝日

0977-85-8687
このページの上へ
© 皮フ科 河野クリニック